"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ☆清水の舞台を龍が練り歩く青龍会が、清水寺で九月十四日・十五日と行われる。 平成十二年の本尊御開帳記念の関連行事として新たに始まった、秘仏の本尊・十一面千手観音ゆかりの「青龍会・観音加持」。 清水の…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★上京区の北野天満宮にこのほど、子どもたちの学力向上や健やかな成長を願い、天空を飛ぶ一対の竜を描いた、巨大な絵馬が奉納された。絵馬は縦二メートル三〇センチ、横四メートル三〇センチ。竜の胴体やうろこを…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★西京区・大原野神社で毎年九月の第二日曜日に斎行される御田刈祭。秋の豊かな収穫に感謝するお祭りです。九月十日、本殿で秋の実りに感謝する「御田刈祭」の神事の後、境内で神相撲の奉納が行われた。 奈良・春日…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★中国では陽の数字である九が重なる九月九日に、菊酒を飲むと災厄を逃れると伝えられてきた「重陽の節句」。 九月九日の重陽の節句では菊花を供えて延命長寿を祈るなど、種々の行事が市内各所で催される。重陽…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★「花の天井」で知られる右京区高雄・梅ヶ畑の平岡八幡宮で九月八日、恒例秋の本殿天井画「花の天井」の特別拝観が始まった。 平岡八幡宮の本殿は、江戸末期の一八二六(文政九)年の再建で、神殿の天井板に描かれ…

"おいない"の京都最新情報

[京 の 季 節 の 花 だ よ り] ★山科区北花山・大乗寺の境内で一日のうちに色を変えるスイフヨウ(酔芙蓉)が、見頃を迎えている。 参拝者らは八重咲きのかれんな花を楽しんでいた。スイフヨウはアオイ科で、背丈ほどに育った茎に直径十㌢~十五㌢前後の大…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★西京区・酒の神として信仰を集める松尾大社では,毎年九月第一日曜日(今年は三日)に[八朔祭]が催される。八朔は旧暦八月一日のことで二百十日前後のこの頃、農作物特に稲作にはとても大事な季節。台風を控え…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★宇治市・宇治田原町湯屋谷の大滝大明神で酒を飲ませて酔わせたウナギを放ち、五穀豊穣の願いを込めて、雨を願う伝統神事「大滝祭」が九月一日営まれた。 神事は、かって日照りが続いた時、酒を飲ませたウナギを滝…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★南区・蔵王堂光福寺で三十一日、八朔祭法楽会に久世六斎念仏が奉納される。 六斎念仏は国の重要無形民族文化財で、その起源は平安時代にまでさかのぼります。 明治頃までは六斎を上演する組織として六斎組が市内…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★殺生を戒め、命あるすべてのものに感謝する「放生会」が二十八日、左京区・大原の三千院で営まれ、参拝者たちが、コイの稚魚を池に放った。三千院の恒例行事。約千匹のコイを用意し、午前八時半の開門から午…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★右京区・梅宮大社では八月二十七日、「嵯峨天皇祭」が行われる。平安京を完成させた嵯峨天皇は現在の大覚寺に離宮を営まれ、雅楽の制を国風化され、現行の制に近く改革された皇后(橘嘉智子)と共に梅宮相殿に鎮…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★下京区の東本願寺(真宗大谷派本山)の御影堂門が二十五日、初めてライトアップされた。高さ日本一を誇る巨大な門の威容が闇夜に浮かび上がり、多くの人が見入っていた。 御影堂門は一九一一(明治四十四)年の建…

"おいない"の京都最新情報

2017年 8 月 23 日(水) [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★境内の無縁仏にろうそくを供える「千灯供養」が二十三日夜、右京区嵯峨鳥居本化野町の化野念仏寺で始まった。参拝者はろうそくに火をともし、静かに石仏へ手を合わせた。千灯供養の始ま…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 市内の六ヶ所のお地蔵さんを巡り、授与されたお幡(おはた)を入り口に吊るして家内安全、無病息災をお願いする、八〇〇年も続いている伝統行事です。また、お地蔵さんのある所は、それぞれ昔の街道の入り口にあ…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ​★右京区嵯峨野・大覚寺で八月二十日夜、宵弘法(万灯会)が行われる。宵弘法とは「万灯会」の法会で、弘法大師が除災招福を祈念し、毎年一回執り行なわれ、仏さまに多くの灯火をお供えするだけでなく、弘法大師の…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★上京区・上御霊神社の例大祭で八月十八日夜、小山郷六斎念仏が奉納される。 国の重要無形民族文化財に指定されている六斎念仏の中で、これは公家六斎と呼ばれるもの。 太鼓や鉦などの優雅な囃子で、ゆったり…

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★京の晩夏を彩る、お盆に精霊を送る伝統行事、八月十六日夜、清らかな「五山の送り火」弘法大師(空海)が光明を未来に残して、人々の極楽の機緑にしようと思い立たれ、「大」の一字に封じ込められたのが由来…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★ 松ヶ崎題目踊り 洛北松ヶ崎・涌泉寺で八月十五日~十六日に「松ヶ崎題目踊り」が繰り広げられる。太鼓に合わせて身体を曲げたり伸ばしたり、団扇を上下に回転させたりして、内側に女性が右回り外側に男性が…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★東山山ろくの墓地を全国から献納された約二万個の提灯で彩る「東大谷万灯会」が八月十四日~十六日夜、東山区の大谷祖廟(東大谷)で始まり、オレンジ色の明かりに包まれて、涼しい夜に墓参りするナイター墓…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★左京区大原・三千院で十二日の夜、万灯会「千年の祈り」が営まれた。いくつものろうそくが揺れる境内で、先祖の霊を供養した。地域でかって行われていた精霊送りに代わり、十六日の「五山の送り火」前のお盆の行…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★左京区・下鴨神社境内の糺の森で八月十一日~十六日まで、恒例の「第三十回下鴨納涼古本まつり」が始まった。深緑の木々に覆われた涼しげな会場で、本好きが目当ての本や掘り出し物を探し歩いた。京都、大阪…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★「六斎念仏」に観客ら酔う 鉦や太鼓をたたいて念仏を唱えながら踊る民俗芸能「六斎念仏」が、お盆前後に市内各社寺で奉納される。六斎念仏は、平安中期、空也上人が一般庶民に信仰をひろめるため始めたと伝え…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★六波羅密寺・万灯会 東山区・六波羅密寺で八月八日~十日、十六日に開白法要・大万灯点灯法要・送り灯点灯法要がある。 五山送り火の大文字がよく知られますが、こちらも大文字が灯ります。ただし本堂にしつ…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★六道まいり 毎年八月七日~十日までの四日間、六道珍皇寺(東大路松原西)で行われる精霊迎えの行事。現世と冥界との境にあると信じられている不思議な寺院。境内には平安時代の官僚・小野篁が冥府への入口と…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★子どもの健やかな成長を願う「北野七夕祭泣き相撲」が五日、上京区の北野天満宮で行われた。参加した赤ちゃん約一〇〇人は、母親らに支えられて向かい合い、元気な泣き声を響かせた。「相撲の祖」とされる野見宿…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★下京区の真宗大谷派本山・東本願寺で四日、同派の僧侶になるための臨時の得度式があった。夏休み中の子どもたちが全国から集まり、初々しくお坊さんとしての第一歩を踏み出した。宗祖親鸞の得度の年齢にちなみ、…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★高台寺 夏の夜間特別拝観始まる北政所が秀吉の冥福を願って創建した寺。その秀吉を偲び、伽藍や庭園がライトアップされます。「燈明会」を彩るイベントで、「百鬼夜行」をテーマにしたユーモラスな妖怪などの…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★ 夏 華やぐ祇園町で八朔 (はっさく) 祇園の芸舞妓が日頃世話になっているお茶屋へ挨拶に回る「八朔」の行事が八月一日午前中、祇園町一帯で行われた。 絽の黒紋付き姿で正装した舞妓や芸妓衆が花街を行き交…

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] ★女性の囃子(はやし)方グループ「平成女鉾清音(さやね)会」が三十日、東山区の八坂神社で恒例の奉納演奏を行った。 涼しげな白い浴衣姿のメンバーたちが祇園囃子を境内に響かせた。 同会は祇園祭への参加を目…

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 ★左京区・一乗寺の狸谷山不動院で七月二十八日、火床を素足で歩き、無病息災を祈る「狸谷山火渡り祭」が行われる。同院で修行する修験者の間で行われてきた修練の一つに端を発するといわれる。夕刻から全国各…