読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

  【京 の 季 節 の 花 便 り】

 

東山区東福寺塔頭の天得院で一年で最も昼間の長い「夏至」の六月二十五日から、キキョウやツバキの見ごろに合わせて庭園の桔梗を愛でる特別拝観が行われる。
午前九時半~午後八時半。七月十日まで。
桃山時代に造られた緑鮮やかな杉苔が広がる枯山水の庭園に紫色や白、八重のキキョウ約三百株が植わって、凛とした美しい姿を見ることができる。
又塀の外側には南側の塀沿い約三十㍍に交互に並んで、秋の七草の一つハギがこの時期にも赤紫色の花をつける二度咲きで、初夏を感じさせる白色のアジサイの花との競演を見せている。
五月末から花を付け始めた落ち着いた赤紫色のハギの花とかれんな白い花をつけるカシワバアジサイの対照的な姿が、見る目を楽しませてくれる。
日没後、庭園のライトアップも行われる。見頃は七月初旬まで続く。二汁五菜の「桔梗膳」も味わえます。

アジサイの名所である長岡京市浄土谷の柳谷観音楊谷寺で、見ごろを迎えたピンクや水色のアジサイが咲き誇り、参拝者の目を楽しませている。
二十五日からは恒例の「長岡京あじさいまつり」が始まり、阿弥陀堂でのコンサートをはじめ、太鼓、書道、よさこい踊りなどの催しが開催される。
同寺の境内には約三十種類、四〇〇〇株以上のアジサイが植えられている。「まつり」では、地元農産物などを売る物販エリアや飲食エリアなども設ける。先着四〇〇人に花の苗をプレゼントする。
二十六日までの期間中は午前九時半~二時半

     【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】

北野天満宮では祭神の菅原道真の「御誕辰祭」(誕生日)に合わせ、夏本番を前に茅の輪をくぐることで、罪や汚れをカヤに託し、厄よけや無病息災を願う「大茅の輪くぐり」の神事が六月二十五日「天神さん」の日に行われる。
昨日の大茅輸くぐりに使用される「大茅の輪」の取り付けも見ごたえがあり、風物詩の一つです。

酷暑を無事に越すことを願うことから、「夏越天神」の名で親しまれている。
直径約七~八㍍もある茅の輪が楼門に取り付けられ、参拝者は「酷暑を元気に過ごせるように」と願い事を唱えながら茅の輪をくぐり、抜き取った茅で小さな茅の輪をその場で作って持ち帰り、一年の無事を込めて玄関に吊す。
又、先着五千体限り、三百五十円で直径七~八㌢の「茅の輪」が「智の輪」に通じるとして授与されます。
※ 夏越の神事ともいわれる茅の輪くぐりは、京都の多くの神社で六月三十日に行われる夏の風物詩の一つ。