読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

   [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

 
イメージ 1
京都府宇治田原町奥山田の正寿院で、スギ板一六〇枚に四季折々の花や人物画などが描かれた天井画が完成した。客殿を鮮やかに彩っており、十六日の春の大祭に合わせて一般公開される。
すすやほこりで色あせた本殿内陣にある天井画の本来の雰囲気を味わってもらおうと、一昨年秋に庫裏新築に合わせ、二十畳ある客殿の天井に、五〇センチ四方のスギ板を格子状にはめ込んだ。
大阪芸術大の教員と学生や、書家、絵師など計約一〇〇人が四年がかりで仕上げた。サクラやツバキ、紅葉などの絵や書、紋様のほか、町の花のサザンカや宇治田原の山並みの中を泳ぐこいのぼりの絵もある。
 
    [京 の 季 節 の 花 だ よ り]
 
イメージ 2
   桜 だ よ り    (十一日)現在                
ちらほら咲き・・・三千院御室仁和寺、梅宮神社、
五 分 咲 き・・・二条城、鞍馬・貴船、高雄、
満 開 近 し・・・城南宮、妙心寺退蔵院、大野ダム、 
満  開・・・東 寺、動物園、平安神宮哲学の道、府立植物園、京都御苑、、平野神社清水寺高台寺、宝が池、円山公園、常寂光寺、龍安寺、山科疎水、毘沙門堂、嵐 山、天龍寺、勧修寺、醍醐寺木屋町高瀬川祇園新橋白川沿い、勝持寺花の寺、大原野神社石清水八幡宮、日向神社、宇治橋上流、井出玉川、笠置山、七谷川、笠松公園、

"おいない"の京都最新情報

 【京 の 季 節 の 花 だ よ り】 

イメージ 1
平野神社の桜花祭                       
寛和元年(西暦九八五年)四月十日平野臨時祭として、花山天皇により臨時の勅祭が行われたのが始まりです。                         
「幾世の春を床しく匂えよ」と、仰せられ、舞楽「東遊」や競べ馬などが催されました。 世に「北山御幸」というのは、この平野の臨時の勅祭のことです。
                  
この桜花祭は午前の神事に続き、午後は騎馬や織姫達の神幸列が氏子地域に繰り出し、その行列は時代絵巻の様で、氏子の住んでる町内を練り歩きます。                    
「桜は平野(神社)」と言われる程、花の品種が多いため「彼岸桜」~「桃桜」~「さきがけ桜」へと咲き乱れ、お花見が長期間できるのも人気の秘密です。 苑内には、五十種、本数は、四百本。早咲きの品種は三月の中旬に咲き始め、遅いものは四月の二十日頃に咲く品種があり、約一ヶ月間花を観賞出来ることが名所としての特色です。桜花祭には騎馬や織姫達の神幸列が出て一層華やかになります。   

 
 品種名     特徴     開花時期 
☆魁 桜…… 平野神社の代表的名桜である。花は白く、一重の枝垂れ。 この桜の開花により京都の花見の季節のおとずれをしらせます。三月末頃             
☆寝 覚 桜…… 平野神社の代表的名桜である。花は白色の一重で、葉が茂ると 同時に開花し、目の覚めるような風情は格別である。 四月五日頃                           
☆胡 蝶 桜…… 花は淡紅色の大輪で満開時には、あたかも蝶が飛んでいる。風情を呈する愛すべき桜である。  四月八日頃                                               
☆嵐 山 桜…… 花は紅白色で五弁の一重咲き、山桜系の里桜で、古代より画伯に親しまれ、襖絵などに見られ風格十分。 四月十日頃                                      
☆虎の尾桜…… 花は白色で花梗短く枝に咲き縞模様が虎の尾の如く珍しい。四月十五日頃
☆平野妹背桜…… 平野神社の代表的名桜である。花は淡紅色で、撒房形花序。妹背(仲の良い恋人)のように花柄の先に二つのかわいい実が寄り添うようにつきます。四月十五日頃                                                                             
御衣黄桜…… 花は黄緑色で花弁に濃い緑色と紅色の線がある珍しい品種である。 四月二十日頃                                                  
☆松 月 桜…… 里桜の代表品種である。花は大輪で最初淡桃色で次第に白色となり、葉化雄しべがでる。 四月二十日頃        
☆手弱女桜…… 平野神社の代表的名桜である。花の濃淡紅色と葉の薄黄緑との調和がとても美しい。 四月二十日頃                                                      
☆突葉根桜…… 平野神社の代表的名桜である。花は小さく花弁六十二.三枚で、一見菊桜のようである。 紅色の花が咲く過程によりさまざまな表情を見せ、最後には大輪になります。(花びら百七十枚)  四月二十日頃  
 
イメージ 5
★約三千株が咲き誇る関西随一の山吹の名所、西京区松尾大社では、境内を彩るヤマブキが早くも満開となった。四月十日から「山吹まつり」が始まった。 
五月五日までの期間中、各種のイベントが行われる。                
お酒の神さまと親しまれている大社は新緑の木々と共に境内には一重や八重咲きやシロヤマブ木など三種類、計約三千本のヤマブキがある。   境内を流れる一の井川沿いでは、黄金色の八重の花が鈴なりにしだれるように咲き、かすかな甘い香りを漂わせている。 この時期は境内の小川では、風に舞う桜の花びらがゆったりと流れる中、川辺で咲く黄金色のヤマブキとのコントラストが優美な情景で美しい。四月十一日、十二日の両日の午後六時から九時まで一の川沿いの山吹と名園「蓬莱の庭」がライトアップされ、無数の花が夕闇の中に照らされ、川面にゆらめく。  杯殿にて奉納演奏が行われる。
 
  
 
イメージ 4

画像の多いヤフーブログ 【おいないの京都最新情報】からもご覧下さい

http://blogs.yahoo.co.jp/oinaijp/folder/279901.html

 

 

 
 
 
   

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事] 

イメージ 1

★北区・今宮神社の摂社・疫社の祭礼「やすらい祭」は、毎年四月第二日曜日(今年は九日)に今宮神社・玄武神社・川上大神宮の賀茂の三神社で一斉に行われる。
やすらい祭は桜の花を愛で、落花を惜しんで、病魔を退散させ、五穀豊穣を祈願する花鎮めの祭礼。紫野や上賀茂地域で民衆の平安を祈る。

平安時代、花の散る頃に疫病がはやり、これは疫神が花とともに飛散するためと信じて花の精を鎮め、無病息災を祈願したことに始まる、「やすらい花」とも呼ばれる。
京都三大奇祭の一つで、鬼を従えた行列が、笛や太鼓の音に併せて踊り歩く。
「いんやすらい花や」「ヨーホイ」の掛け声とともに、赤熊(しゃぐま)を振り乱して鬼たちが舞います。そして、笛、鉦、太鼓にあわせて行装の一団が囃し、花に宿る精霊が悪霊を誘いだし朱色の花傘(風流傘)に閉じ込めながら各町内を練り歩きます。
この傘に入ると魔よけになるといわれ、一年の無病息災を願った。 
 

イメージ 3
★北区・上賀茂神社で四月九日、優雅な雰囲気の中で行われる、平安時代の雅の世界を再現する「賀茂曲水宴」が催される。
曲水宴の起源は中国・周代で、もともと三月の「上巳日」に水辺に出てみそぎ・はらいを行ったとされる。
曲水宴は、中国から伝わり、平安時代に宮中や貴族の間で盛んになった
上賀茂神社でも一一八二(寿永元)年に初めて行われた。

約五百坪の美しい庭園・渉渓園での宴は、平安の雅びを今に伝える。
平成六年皇太子殿下御成婚・平安建都千二百年・上賀茂神社第四十一回式年遷宮の際、奉祝記念事業として「賀茂曲水宴」が復活した。
境内の庭園「渉渓園」を流れる小川の流れに合わせて即興で和歌を詠む。
 
始めに昨年、斎王代を務めた女性が今年の歌題を発表。
続いて、衣冠や華やかな女房装束に身を包んだ、六人の歌人が、鳥型の杯「羽觴(はしょう)」が小川を流れる間に、歌を短冊にしたためた。
雅楽が流れ、香をくゆらせた庭園で繰り広げられる優雅な遊び。冷泉家時雨亭文庫の披講や裏千家による野点席が設けられる。
『かもぜんざい』の無料接待がある。(なくなり次第終了)

  
イメージ 5
★満開の桜のなか江戸時代初期に名をはせた京都島原の名妓として名高い・二代目吉野太夫をしのぶ「花供養」が四月九日、北区・常照寺で営まれた。
約三百㍍離れた源光庵前から午前十時二十分に出発して吉野太夫の墓のある常照寺までを、鼈甲のかんざしに赤い着物を身に付けた三人の島原太夫たちが、禿とともに傘持ちなどを従え、高下駄を履き「内八文字」という独特の歩き方で優雅に進む、華やかな太夫道中が行われ、吉野太夫の墓に詣でる。参道の両脇を埋め尽くす吉野桜が見もの。
境内では、太夫による野点席をはじめ煎茶などの茶席が設けられ、舞や胡弓の演奏など諸芸能が奉納される。
二代目吉野太夫は、島原の前身である六条三筋町の太夫で、書画や和歌など文芸に秀で、「寛永の三名伎」の一人とうたわれた。信仰心が厚く、常照寺を開いた寂照院日乾上人に帰依した。多額の私財を投じて「吉野門・赤門」と呼ばれる朱塗りの山門を寄進したことから、毎年この時期に営まれている。

 
イメージ 8
伏見区真言宗醍醐派総本山・醍醐寺で毎年四月第二日曜日(今年は九日)、豊臣秀吉の「醍醐の花見」にちなんだ「豊太閤花見行列」が行われる。
醍醐は平安時代から桜の名所で知られ、世界文化遺産醍醐寺境内には千本の桜が咲き誇る。
慶長三(一五九八)年春三月十五日に、畿内から七百本の桜を集めて植え、三宝院の建物と庭園を造り、盛大な宴を開いた。
豊臣秀吉が秀頼や北政所淀君、諸大名ら総勢一〇〇〇人を集めて、盛大な花見の宴を開いた故事をもとに、当時の威容の再現を、と一九五一年から始まった恒例行事。
太閤役を先頭に、桃山時代の装束をまとった約二百人の行列が、三宝院唐門を出発、ほら貝などの音色に合わせながら、桜の馬場の桜並木など約一千本が咲き競う境内を金堂なでをゆっくりと練り歩き、特設舞台の舞樂・狂言の観賞や野点を楽しむなど、桃山時代の花見絵巻を今に甦らせる。

イメージ 7

★東山・清水寺舞台の北隣にある恋の神様・地主神社では、四月九日(日)縁結びを祈願する恒例の春の行事、古来より謡曲や詩歌などで知られた地主権現の「さくら祭」が開かれる。
また有名な一本の木に一重、八重の両方の花を咲かせる「地主桜」は、平安時代嵯峨天皇がその美しさに車を戻して眺めたという故事から、「お車返しの桜」とも言われる。

明治時代初期に枯れ、いったん途絶えたとされるが、一九六二年に同神社に再び移植され、毎年花を付けている。付近では最も遅く開花し、黄桜と共に見応え充分です。
平安時代にちなんだ神事では、本殿に白川女姿による地主桜の枝の献花・献茶や、地主桜を題材にした謡曲「田村」「熊野」の奉納後、俳句の朗詠や縁結び祈願などが行われます。参拝者全員に平和開運御守りが無料で配布されます。

イメージ 11
 松尾大社・中酉(ちゅうゆう)祭
酒造りの祭で、社務所の裏を御手洗川という渓流が流れておりこの近くに霊泉があります。
酒造家はこの水を酒の水として造り水に混ぜて使います。一般には延命長寿、よみがえりの水として有名です(松風苑内)。
酒造りの神にちなみ楼門前南側にお酒の資料館もあります。中酉祭は、「醸造感謝祭」とも呼ばれ、酒は古来卯の日に作り始め、、酉の日に酒造りを終えるという習わしから生まれた祭りです。

画像の多いヤフーブログ 【おいないの京都最新情報】からもご覧下さい
http://blogs.yahoo.co.jp/oinaijp/folder/279901.html

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

イメージ 1
 ★嵯峨御所とも呼ばれる真言宗大覚寺派大本山門跡寺院です。 門跡が華道嵯峨流の家元だったことから、嵯峨天皇の命日十五日にいけばな嵯峨流最大の祭典「嵯峨天皇奉献 華道祭」法要献花が行われる。
門跡ほか緋袴に身を包んだ女性達が菊を手に行列します。境内に展示される多数の生花も必見。
数多くのいけばなを展示する華展をはじめ、年に二回しか行われない大沢池の「龍頭鷁首舟」、平安絵巻さながらの献華式やお茶席、各種法会など、優雅なたたずまいのなか繰り広げられます。
茶席や模擬店も出て、たいそう賑やかです。
 
イメージ 2
★いけばな発祥の地とされる六角堂(中京区)の「夜の特別拝観」
華道家池坊池坊専好次期家元らが、境内に花を生けた。約一五〇基の灯籠で照らし出された境内は、約二〇本の桜も咲きそろい、しっとりとした風情に包まれた。
特別拝観は、隣の池坊会館などで七日から始まる「春のいけばな展」(一〇日まで、有料)に合わせて二〇一二年から毎年実施している。
大作いけばなは、山門や本堂、太子堂周辺に八点置かれている。作品中の老松や花々は、境内を彩る桜や柳と引き立て合い、今回のテーマ「花の力」を伝える。池坊次期家元は、サクラコマチやラナンキュラスなど十二種の花を透明のアクリル板に生け、生命の多様性を表現した。夜の特別拝観は七~九日の午後六~九時。雨天決行。無料。
 
イメージ 3
 

"おいない"の京都最新情報

 

    [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

 

 

 

 

★嵯峨御所とも呼ばれる真言宗大覚寺派大本山門跡寺院です。 門跡が華道嵯峨流の家元だったことから、嵯峨天皇の命日十五日にいけばな嵯峨流最大の祭典「嵯峨天皇奉献 華道祭」法要献花が行われる。
門跡ほか緋袴に身を包んだ女性達が菊を手に行列します。境内に展示される多数の生花も必見。
数多くのいけばなを展示する華展をはじめ、年に二回しか行われない大沢池の「龍頭鷁首舟」、平安絵巻さながらの献華式やお茶席、各種法会など、優雅なたたずまいのなか繰り広げられます。
茶席や模擬店も出て、たいそう賑やかです。

 

 

 

 

 

★いけばな発祥の地とされる六角堂(中京区)の「夜の特別拝観」
華道家池坊池坊専好次期家元らが、境内に花を生けた。約一五〇基の灯籠で照らし出された境内は、約二〇本の桜も咲きそろい、しっとりとした風情に包まれた。
特別拝観は、隣の池坊会館などで七日から始まる「春のいけばな展」(一〇日まで、有料)に合わせて二〇一二年から毎年実施している。
大作いけばなは、山門や本堂、太子堂周辺に八点置かれている。作品中の老松や花々は、境内を彩る桜や柳と引き立て合い、今回のテーマ「花の力」を伝える。池坊次期家元は、サクラコマチやラナンキュラスなど十二種の花を透明のアクリル板に生け、生命の多様性を表現した。夜の特別拝観は七~九日の午後六~九時。雨天決行。無料。

おいないHPから画像の多いヤフーブログ 【おいないの京都最新情報】もご覧下さい

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/oinai/

 

   

 

 

 

 

 

 

 

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

イメージ 1
  ★ライトアップされた夜桜と生演奏を楽しむ「平安神宮 紅しだれコンサート2017」が六日、左京区平安神宮で始まった。
今年で二十九回目。満開の桜をめでながら篠笛やギターやヴァイオリンの調べに酔いしれた。
日本庭園の南神苑と東神苑の紅しだれ桜のライトアップされた夜桜と生演奏を楽しむ恒例の東神苑貴賓館をステージに演奏される幻想的な世界のなかで、癒やしの音楽を楽しむことのできるコンサートは優雅に繰り広げられます。
会場の東神苑では、ライトアップされた花が栖鳳池に映り、水面が淡い紅色に染まった。
会場の東神苑では、光で浮かび上がった桜が池に映り込み、訪れた人たちがくつろいだ様子でゆっくりと散策した。
開 催 日 : 二〇一七年四月六日(木)~九日(日)
会  場  : 平安神宮 
公開時間 : 午後六時十五分~午後九時
演  奏 :   一回目:午後六時四〇分~午後七時二十分
              二回目:七時五十分~午後八時三十分
            (入れ替えせずに回遊式で実施)
内  容 : ( 1)ライトアップ(東神苑と南神苑の紅しだれ桜、社殿など)
          (2)コンサート(東神苑貴賓館)

イメージ 2
 

"おいない"の京都最新情報

  [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

 

鴨川をどり:「華やか衣装合わせ」2017年

 ★初夏の京を彩る先斗町の公演「百八十回記念 鴨川をどり」(五月一日~二十四日)の衣装合わせが、中京区の先斗町歌舞練場で行われた。
華やかな衣装の芸舞妓がプログラム用の写真撮影に臨み、節目の舞台への思いを新たにした。
鴨川をどりは一八七二年に始まり、五花街の公演で最多。歌舞練場も開館九十年の節目を迎える。
第一部は舞踊劇「源平女人譚(にょにんものがたり)」。平安末期の武将木曽(源)義仲を支える巴御前や山吹ら女性の活躍を描く。
第二部は大政奉還一五〇年にちなんだ純舞踊「八千代壽(ももやちよはなの)先斗町」。花をイメージした六景で幕末をあでやかに表現する。
各日午後〇時半、同二時二〇分、同四時一〇分の三回公演。
 ◆観覧料 茶券付特別席:四八〇〇円、特別席:四二〇〇円、普通席:二三〇〇円