読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

    

  【葵 祭 シリーズ

イメージ 1
 左京区下鴨神社で、葵祭の道中の安全を願う疾駆する馬の上から的を射る「流鏑馬ヤブサメ)神事」が葵祭の露払いとして五月三日営まれる。
新緑の糺の森のトンネルを駆け抜ける馬上から射手が矢を放ち的を射抜く。
「カーン」という的が割れ飛ぶ音と共に、観衆の拍手と歓声で盛り上がる。この流鏑馬は、飛鳥時代の伝統を受け継ぐとされる。
平安装束や江戸時代の平騎射(ひらきしゃ)の装束を身につけた射手が、全力疾走の馬上から、「インヨウイ」(陰陽射)、「ヤーオ」(矢追う)の矢声(やごえ)を発し、一〇〇メートルごとに置かれた三つの的に矢を放った。木製の的に当たると「カーン」と甲高い音を響かせ、観客席から大きな拍手と歓声が上がった。
明治時代から途絶えていたのが一九七三年(昭和四十八)年の式年遷宮を記念して復興した。
葵祭の道中の安全を願う神事で、古式ゆかしい公家装束姿の弓馬術礼法小笠原流一門が全長約四百メートルの馬場を疾走し、途中百メートル間隔に三ヶ所設けられた五十センチ四方の杉板の的をめがけて馬上から次々と矢を放ち、射終わるまでわずか二十秒足らずの、一瞬の業に集中する迫力いっぱいの神事。本殿で社頭(しゃとう)の儀があり、葵祭の道中の無事と天下太平を祈った後、神職が射手に弓矢を手渡した。
下鴨神社宮内庁から譲り受けた馬車が登場する。

イメージ 2
 
     【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】
 
イメージ 3
 左京区狸谷山不動院で五月三日、無病息災などを祈願する「狸谷山大般若祈願会」が行われた。
赤々と燃えさかる本堂で、春の新緑の時期に毎年行っている法要。
本堂内にたかれた火に願い事を記した護摩木をくべ、護摩導師と読経僧二人が、六百卷からなる大般若経を、左右の手の間で流れ落とすように開いて転読し、朗々とした声が響く中、参拝者は本尊に向けてこうべを垂れて合掌し、お経を唱和した。
転読は、蛇腹状の経本を扇のように広げて大般若経を読み進める法要。転読の際に起きる風「梵風」を浴びると無病息災の御利益があるとされる。体から邪気を払う「たたき加持」も行われ、参拝者一人一人の肩を経本でたたいた。

イメージ 4
 
イメージ 5
 伏見稲荷大社の例祭、稲荷祭を締めくくる還幸祭が三日、同大社一帯で営まれた。五基の神輿が氏子が住むまちを巡行し、同大社へ戻った。
稲荷祭は平安時代に始まったとされる。稲荷大神が年に一度、氏子が住む地域を巡り、一年の無事を願う同大社最大の祭事。
四月十九日の神幸祭で御旅所(南区)に運ばれた五基の神輿は、午後二時にトラックに乗り出発した。近くの東寺では僧侶が読経する「神供(じんく)」の儀式があった。時代装束姿の氏子ら約一三〇人が乗るトラック約三十台を伴い、五条通竹田街道など氏子地域を巡り、午後四時すぎに本殿に到着した。
大勢の参拝者が見守る中、神輿に乗った神は「錦蓋(きんがい)」と呼ばれる祭具に覆われ、本殿にうつされた。