読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

 [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

イメージ 3
★錦秋の東山を背景に「東福寺泉涌寺・第二十三回窯元もみじ祭」(大陶器市)が十九日~二十七日まで行われる。
市内随一紅葉の名所として知られる東福寺泉涌寺の間に位置する五十四軒の窯元が陶器市を開催、アートな催しで陶器市、ギャラリー、工房見学、模擬店など・・・この秋を一段と楽しくしてくれるイベントです。
会場周辺の窯元が軒先などで市価より三~七割安く京焼・清水焼を販売するほか、窯元など十カ所を巡るスタンプラリーもある。
門前の路地に並んだ掘り出し物を目当てに初日から多くの人で賑わった。
     [京 の 紅 葉 だ よ り]
晩秋を迎えた京都。紅葉の色づきは昨年より一週間ほど早く、京都市内では見頃を迎えた名所も多い。昼間は燃えるような、夜はライトアップで幻想的な紅葉を楽しめそうだ
 
イメージ 1
左京区にある南禅寺の塔頭(たっちゅう)・天授庵(てんじゅあん)で、例年より一週間ほど早く庭園の紅葉が見頃を迎え、参拝客を楽しませている。
庭園では、鮮やかな赤や橙(だいだい)に染まったモミジと、枯れ山水の白砂や緑のコケが鮮やかなコントラストを織りなしている。
イメージ 2
京都市内は本格的な紅葉シーズンを迎え、名所の一つ、東福寺では、眺望スポットの通天橋周辺が赤や黄に色づいた。
小型無人機「ドローン」で錦秋の境内を撮影した風景。上空から見ると、方丈や開山堂、通天橋などの建築物が、真っ赤な海に浮かぶように写った。
東福寺は、ピーク時には一日三万人以上が訪れる。イロハモミジやヤマモミジなど約二千本が、平年より五日ほど早く今月中旬から見頃となり、鮮やかなコントラストを描いている。