読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

    【葵 祭 シリーズ】
 
イメージ 1
★北区・上賀茂神社で五月五日の「賀茂競馬会(クラベウマエ)神事」を前に、本番に備えて出走する十頭の馬の状態を確かめ、組み合わせを決める「足汰式」(アシゾロエ)が五月一日、境内の馬場で行われた。  「競馬会」はもともと宮中で行われてた神事。
一〇九三(寛治七)年に天下平や五穀豊穣を祈願して宮中から上賀茂神社に場所を移して始まったとされ、今年で九百二十三年目。無形民俗文化財に登録されている。
「足汰式」は、乗尻(ノリジリ)と呼ばる騎手は神社の神職を代々務めた社家子孫が担う。乗尻が使う鞭や馬の足を内の川で清め、馬の毛並みや歯を診て健康状態や馬齢を確認する。
続いて十頭の馬が一ずつ素駆けで馬場を走り、乗尻の姿勢や鞭の作法などを披露。最後に同じような状態の頭ずつが左右に分かれ、直線約百五十㍍の馬場を、芝を蹴り上げ全力で競う。

イメージ 2
    【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】
 
イメージ 5
 ★若葉もすがすがしい新緑の京都にひときわ彩りを添える京の「春のをどり」の最後を飾るにふさわしい舞妓、芸妓の舞・「第百八〇回鴨川をどり」が芸舞妓があでやかな王朝絵巻や愉快な道中記を繰り広げて舞台を彩った。
鴨川をどりは、明治五年の初演以来、長年の伝統に裏づけられた確かな伎芸で、京の年中行事として欠くことの出来ないものとなっています。

【2017年の演目】
 第 一 部 源平女人譚 (げんぺいにょにんものがたり)  五場
 第 二 部 八千代壽先斗町ももやちよはなのぽんとちょう) 六景
  第一景 松竹梅
  第二景 桃花
  第三景 木蓮
  第四景 白梅
  第五景 三ツ葉葵
  第六景 菊花
◆開催期間  五月一日(月)~二十四日(水) 
◆開演時間  午後十二時三十分~、二時二十分~、四時十分、(一日三回公演)
◆観覧料   茶券付特別席:四千八百円・特別席:四千二百円・普通席:二千三百円
芸舞妓が、平安末期の女性の活躍や、幕末の京都を題材にした優雅な舞踊を披露した。
鴨川をどりは一八七二年に始まり、年二回公演の時期を経て、一八〇回目を迎えた。今回は二部構成で芸舞妓四十八人が出演する。
第一部の「源平女人譚(にょにんものがたり)」は、武将の源(木曽)義仲を巡る巴御前ら女性三人の生きざまを描いた舞踊劇。りりしい立ち回りを交え、嫉妬で身を滅ぼす女武将の悲恋を熱演した。
大政奉還一五〇年にちなんだ純舞踊「八千代壽(ももやちよはなの)先斗町」(第二部)では、「ええじゃないか」と踊る人々の熱気や、志士の秘めた恋、徳川慶喜の苦悩と決断など多彩な場面を披露した。
日頃の感謝と一層の精進を誓う口上の後、フィナーレの総踊り「菊花」となり、芸舞妓が大政奉還と鴨川をどりの節目を華麗な群舞で祝った。
 
イメージ 3
 §上京区・千本閻魔堂(引接寺)で五月一日から四日まで恒例の「大念狂言」が始まった§
★「千本えんま堂大念仏狂言」は壬生寺、峨釈迦堂とならぶ京の三大念仏狂言の一で、ほとんどの演目でセリフが入るのが特徴。寛仁年間(一〇一七~二十一)に比叡山の高僧・定覚が布教のために大念仏踊りを始めたが起こりとされる。
えんま堂にちなみ、幕開けは、ゑんま堂の狂言で数少ない無言劇の「えんま庁」。不思議な力がある巻物を持った亡者をいじめる鬼が、ゑんま法王らによって追放される話。
初番は必ず「閻魔庁」が、最終には「千人切り」が演じられます。
足利義満が普賢象桜をめでたのが縁で、花の盛りに行われる。
 
 
イメージ 4
 右京区高雄・神護寺では、恒例の「宝物虫払い」行事が五月一日~五日まで行われる。
弘法大師空海)直筆の古文書や源頼朝平重盛を描いたと伝わる国宝の肖像画など、普段は見ることのできない寺宝を参拝者が間近に鑑賞した。
虫払い行事が行われていたことを示す一六三七(寛永十四)年の文書が見つかったのを契機に、寺が一九五四年に復興させた。今年で六十一年目となる。
会場の書院には、国宝や重文を含む計六十八点の寺宝が展示されている。真言宗を開いた空海弘法大師)が行った密教の重要儀式の記録「灌頂暦名(かんじょうれきみょう)」(国宝)には、天台宗を開いた最澄伝教大師)の名前も記されている。平安時代に描かれ、衣の色から「赤釈迦(しゃか)」の別名がある釈迦如来像(国宝)や、後白河法皇の手形が押された「文覚四十五箇条起請文」(国宝)も並ぶ。
同寺は伝教大師最澄)が仏法を講じ、約一二〇〇年前に唐から帰国後の空海が入山するなど、平安仏教の中核的な寺の一つとして栄えました。
真言仏教にまつわる経典や古文書、仏画あどが多数伝わっている。これらの宝物の保存の心得を定めた江戸期の古文書が発見されたのを機に、毎年この時期に虫払いが行われるようになった。