読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

    [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

イメージ 1
 ★北区の上賀茂神社で二十六日、第六十九代横綱白鵬関が「不知火型」の土俵入りを奉納した。
力強い四股を踏むたび、大勢の観客から「よいしょー」と威勢の良い掛け声が上がった。
二十一年に一度の「式年遷宮」を祝う行事の一環で、五穀豊穣を祈る古来の神事にちなんで行った。上賀茂神社では一九四〇年、当時の横綱双葉山らが土俵入りを奉納している。今回は、横綱として七十五年ぶりとなった二〇一五年の鶴竜関、十六年の日馬富士関に続く奉納土俵入りとなった。
白鵬関は午後一時半ごろ、太刀持ちの石浦関と露払いの大翔丸関を従えて鳥居をくぐり、立砂(たてすな)の前に進んだ。両手を広げてせり上がる不知火型を堂々と披露し、約四〇〇人の観客を沸かせた。尊敬する双葉山と同じ地での奉納に、白鵬関は「緊張して硬くなった。精いっぱい土俵入りした」と話していた。