読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

 [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

 
イメージ 1
 
伏見区伏見稲荷大社で一月十二日、新春恒例の邪気を払う御弓始め神事「奉射祭」が営まれ、五穀豊穣と家業繁栄を願って神職が神矢を放つ神事。
本殿での祭事に続き、神苑斎場で奉射の儀が営まれた
「お弓始め」とも呼ばれる同祭は、他でも弓の神事は行われますが、この神事ほどスケールの大きいものはあまりないようです。
副斎王が中央から四方に六本の神矢を放って場を清め、大蛇に見立てた長さ約十三㍍の注連縄の中央にある直径約一㍍の大的に向かって、まず神官二人が天地四方に矢を放ち斎場を清めたあと、約十八㍍離れた位置から計四本の矢を交互に放つ。
かっては矢の当たり具合でその年の豊凶を占ったとされ、現在では邪気払いや景気も占うなどの神事となっている。参詣者には魔よけの矢を授与。
 
イメージ 2