読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

2016年 12月 28日(水)                                         

     [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

八坂神社:「鑚火式」

祇園・八坂神社では大晦日から元日の朝にかけて授与されるおけら火の火種をおこす儀式「鑚火式」が行われる。(非公開)。
午前四時、本殿で狩衣・烏帽子姿の宮司が檜の杵と臼をこすりあわせて火をおこします。
キク科の植物であるオケラをくすべておけら火とするのは、 火に投じられたオケラの臭気により疫神を除くと考えられたためといわれています。
「をけら灯籠」に移された火は、本殿内に年中絶やすことなく灯しつづけられます。
                                                           

狸谷不動院:「しまい不動」09’

 左京区狸谷山不動院で十二月二十八日、「しまい不動」が行われる。
平安京東北の鬼門を守護する不動明王が祀られる狸谷不動院桓武天皇勅願によって祭祀されたものといいます。この日護摩法要が行われ、多数の参拝客が年の締めくくりに訪れます。
  
                    
   2016年 12月31日(土) 

     [今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事】    
八坂神社:「をけら詣り」2016年

★大晦日の除夜の鐘の音に誘われながら、元旦の朝にかけての迎春行事として全国的に知られている、祗園・八坂神社の「おけら詣り」。
参拝後、境内の鉄灯籠に鑚火式で灯された「おけら火」(おけらは古く日本書紀にも記載されている薬草で、疫病を祓うとされる)から竹の繊維で編んだ「吉兆縄」に点火し、火が消えないようにくるくると回しながら家路につき、持ち帰った火で神棚の灯明を灯し、元旦の大福茶やお雑煮の種火にすると、一年の無病息災や心願成就を祈るとご利益があると言われてれている。
午後七時一〇分ごろ、境内三カ所の灯籠に火がともされ、くべられた木札が勢いよく炎を上げた。参拝者は縄に火を付け、消えないようにくるくると回した。公共交通を利用する参拝者向けに、今年から火消し用の水桶が設けられた。

お寺が多い京の大晦日は、一年の締めくくり、煩悩を洗い落とす鐘の音がそこら中から響き渡る。  

 大晦日に除夜の鐘を撞いたり見学できる京都の寺院
 ■洛 北■            ■洛 東■
   鞍 馬 寺             東 福 寺
   勝 林 寺             知 恩 院
   浄 蓮 華 院            方 広 寺
                    真 如 堂
 ■洛 中■               清 水 寺
    報 恩 院             高 台 寺
   本 満 寺             長 楽 寺
   相 国 寺             青 蓮 院
   清 浄 華 院            南 禅 寺
   誓 願 寺             永 観 堂
   壬 生 寺             金 戒 光 明 寺
                    頂 妙 寺
 ■洛 西■               百万遍知恩寺
   妙 心 寺             毘 沙 門 堂
   印 空 寺                 
   大 覚 寺           ■洛 南■
   天 龍 寺             醍 醐 寺 
   常 寂 光 寺
   二 尊 院
   善 峯 寺
      真宗高田派 専修寺京都別院

 
              総 括
今年一年間、京都を愛する京都人より京都の最新情報・不定期便 “おいないの京都最新情報”をご笑読頂きまして誠に有難う御座いました。
一年間の京都の歳時記を振り返るには、私のブログをご覧頂ければ、全てを収録しているつもりでおりますのでご参照ください。

おいないHPから画像の多いヤフーブログ 【おいないの京都最新情報】もご覧下さい
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/oinai/