読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

[今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事]

★日本の原風景が残る南丹市美山町北の「かやぶきの里」は今や真っ盛りの紅葉がひときわ映えている。
国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けている「かやぶきの里」で十二月一日、観光名物にもなっている地域の防火施設・放水銃の一斉放水が行われた。

 山のすそ野のこの里ではかやぶき家が三十八棟あり、貴重な古民家を守るための放水銃が六十二基設置されている。
サイレンの合図で約五十二基の放水銃が、勢いよく水柱を噴きだし、集落全体がたちまちシャワーに覆われ、約五分間の放水で、降り注ぐ水で出来た小さな虹があちこちで見られ、色づいた木々とともに山里を彩ったかやぶき民家は水浸しになった。
全国から写真愛好家や観光客が大勢訪れ、赤く紅葉した山里に彩りを深めた集落を包むシャワーの競演を盛んにカメラに収めていた。
二〇〇〇年五月二十日未明にかやぶきの美山民俗資料館が焼失し、その後、放水銃六十二基を整備し、毎年火災のあった五月と十二月の年二回に施設の点検と、防火の誓いを兼ねて一斉放水を実施している。最近では観光名物にもなっている。
集落が水しぶきに覆われる幻想的な光景に、放水が終わると太陽が姿を現し、茅葺の里に大きな虹が架かり訪れた人たちは盛んにカメラのシャッターを切っていた