読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報 : 歳時記・催し・話題・出来事】 

上京区上御霊神社例大祭で八月十八日夜、小山郷六斎念仏が奉納される。
国の重要無形民族文化財に指定されている六斎念仏の中で、これは公家六斎と呼ばれるもの。

太鼓や鉦などの優雅な囃子で、ゆったりとしたリズムが特徴で、白い浴衣に赤いたすき、白足袋で、手に持った太鼓をたたきながら円状に回るなど独特の動きで、小山郷六斎念仏保存会による念仏踊りがにぎやかに行われます。
六斎念仏は平安時代の僧・空也が始めたとされ、江戸時代中頃は干菜寺(ほしなでら)系でしたが、その後芸能六斎に変わり、 江戸後期から明治にかけて空也堂から免状を受けるようになったとされる。