読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[祇園祭シリーズ]

    [祇 園 祭シリーズ]
 
イメージ 1
 
祇園祭の菊水鉾保存会が布袋をテーマにした新しい後掛を製作した。
同保存会は前掛や胴掛(二面)を含む全四面の懸装品(けそうひん)を七福神をモチーフに四年がかりで新調。後掛の完成ですべてがそろい、注目を集めそうだ。
後掛は、縦二・五七メートル、横二・六三メートルの綴織(つづれおり)。涼やかな水色で表現した波の上を、布袋が乗る大きな袋を唐子(からこ)が鉾を曳くように動かす様子が描かれている。
菊水鉾は一八六四(元治元)年の禁門の変によって焼失した。一九五三(昭和二十八)年に再建され、「昭和の鉾」と言われる。保存会は、二〇一三年の鉾再建六〇年を記念し、傷んできた懸装品の新調を決定。古くは「夷山(えびすやま)」を出した経緯から七福神にちなんだ図柄を選び、江戸前期の絵師狩野岑信(みねのぶ)筆「七福神図巻」(板橋区立美術館所蔵)を参考に、本金糸をふんだんに使った懸装品に仕上げた。製作は川島織物セルコン。費用は四面計約八千万円。
七月十二日の曳初(ぞ)めから、宵山期間、前祭(さきまつり)の山鉾巡行を通して鉾を飾る。
 
イメージ 2