読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"おいない"の京都最新情報

【今日の情報・歳時記・催し・話題・出来事】

 

煎茶道とゆかりの深い宇治五ヶ庄・黄檗萬福寺で五月二十一日・二十二日と「全国煎茶道大会」が開催されている。
一九五六年以来、茶摘みシーズンの毎年五月に大会が開かれ、今年で六十一回目を迎えた。流派ごとに設けた茶席で、親子や愛好家らが新緑を楽しみながら、茶を味わった。
煎茶中興の祖で江戸時代の黄檗宗僧侶・売茶翁(ばいさおう)とゆかりの深い万福寺に本拠を置く全日本煎茶道連盟が開催した。傘下の二十四流派と台湾の二友好団体が参加した。
公募で招待した茶席では、宇治の人気キャラクター「チャチャ王国のおうじちゃま」が同席する中、十一組の親子らが指導者から煎茶の入れ方を学んだ。 シャクヤクの花が飾られた野点(のだて)の席では、着物姿の参加者が鳥のさえずりを聞きながら、風流を楽しんでいた。
同時に「第三十回日本煎茶工芸展」が開かれ、審査で厳選された芸術性と実用性を兼ね備えるさまざまな煎茶の道具が美と芸術の粋を競うようにずらりと並び、訪れた人々の目を楽しませた。